セルフネイルを長持ちさせる方法

セルフネイルは自分の好きなタイミングで出来ますし、自分の手で爪が美しくなっていく様子を見るのはとても楽しいものです。
しかし、中にはセルフネイルが数日で剥がれてきてしまうという悩みを持った方もいます。セルフネイルでもサロンでやってもらった時のように長持ちできない?という方のために、今回はセルフネイルを長持ちさせるためのコツをご紹介いたします!

まず基本中の基本として、甘皮処理はきちんとやっておきましょう!実際サロンに行っても必ず甘皮の処理をしてもらえると思います。
セルフネイルでもこの基本は非常に大事です。確かに自分でお手入れするのは面倒に感じるかもしれませんが、甘皮があるとそこからネイルが剥がれていきやすいので、丁寧に甘皮処理してからネイルをしましょう。

また爪の表面をネイルファイルできれいに磨きます。爪の表面に凸凹が残ったままだとその隙間からネイルが剥がれやすいです。
磨きすぎると今度は爪へのダメージが大きくなってしまうので、表面を触ってみて引っ掛かりなく滑らかな感触になっているくらいでやめましょう。

そして本題に入る前に、最後にベースコートを使って下地を作っておきます。ベースコートがあることでネイルによる爪へのダメージも最小限に抑えられますし、ネイル自体の持ちや発色も良くなりますのでいいことづくめです。

事前にここまでやっておくだけでもネイルの持ちが違います。少し大変なところもありますが、ぜひ試してみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る